« December 2007 | Main | February 2008 »

January 30, 2008

オー・スノウ!

 上海に来ています。現在春節を目前にひかえた中国では、記録的な大雪(50年ぶり?)に見舞われて、この上海もちょっとスゴいことになりかけています(経済損失が約3315億円を上回る?)。果たして帰りの飛行機は飛ぶのだろうか、などと少し心配しています。以上、現地よりレポートでした。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2008

プレゼンのブルーズ

 なんとなく血が騒いでLeopardの標準インストールではインストールされない「Xcode Tools」、いわゆるMacOSについている開発環境をインストールした。そのうち気分がのってきたらC++でプログラムでも組もうかと思っているのだ。

 パソコンのソフト絡みで言うと、先日、1月16日(本日)発売のOffice2008を予約した。会社で使うドキュメントが圧倒的にOffice系が多いので、我が家MacにもOfficeがあったほうが何かと便利だろうなと思ったからだ。

 話はちょっとトンで、実は来月開催されるPAGE2008というイベントで講演をすることになっているのだが、そのときのプレゼンツールをマイクロソフトのPowerPointにするのか、アップルのKeynoteにするのか少し迷っているのだった。

 これまで慣れ親しんできて、聴衆的にも無難なマイクロソフトのPowerPointでいくのか、それとも、スティーブ・ジョブズが自分のために開発させたという、あんま使ったことないけど視覚効果(エフェクト)がイカすKeynoteで冒険してみるのかは、自由だぁ〜!

 ♪プレゼン・イズ・フリーダム プレゼン・イズ・フリーダム さぁ一緒に!

 でも、マイナーなソフトで力入れて作っても、主催者側が用意したパソコンに、何らかの手違いでそのソフトがインストールされてへんかったら、そらあもう脳ミソまっ白になるで、、、センキュゥ〜!!!(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2008

なぜか上海

 こんど仕事で上海に行くことになった。中国は初めてである。この三連休に池袋のジュンク堂へ行って『わがまま歩き 旅行会話3 中国語+英語』(ブルーガイド)という中国語会話関係の本と、『上海生活実感』村上牧子著(連合出版)という少し前の上海生活を綴ったエッセイを買ってきて、取っ替え引っ替え読んだりしている。

 中国語の発音には「四声」とか「声調の変化」とかいろいろ約束事があるのだ、ということが判明。ロジカルでなかな興味深いのだが、いざ言語をマスターするとなると40を過ぎて早くも脳が風化の途についた身としてはなかなか時間がかかりそうである。まだ英語のほうが簡単だ。少なくとも現地でタクシーに乗って「○○まで行ってくれ」(中国:チン・チュイ・ジャリー・○○)とか、降りるときに「領収書をくれ」(中国:チン・ケイ・ウォ・ファビアオ)というのは真っ先にマスターしておきたいのだが……。

 ♪星がみごとな夜です 風はどこへも行きます
  はじけた様な気分で ゆれていればそこが上海
  そのままもそ、もそ、も、もそっとおいで
  はしからはしのたもとお嬢さんたち
  友達さそ、さそ、さ、さそっておいで
  すずしい顔のおにいさんたち

  海を超えたら上海 どんな未来も楽しんでおくれ
  海の向こうは上海 ながい汽笛がどぎれないうちに

  「なぜか上海」井上陽水

 この歌のエレキの音が好きだった。まあそれはさておき、いまや上海へは羽田からフライト約3時間の直行便で行けるようになった。中国最大の商業都市「上海」は、どんだけ人が多いのか、どんだけ雑多なのか、どんだけ交通機関の時間が読めないのか、どんだけ物価が違うのか、どんなモンを喰わすのか、何が旨いのか等々、魅力に満ちあふれていて今夜も眠れそうにありません。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2008

風の島

 昨年末に最後の最後で下痢と吐き気と発熱という三重苦で絶不調となり、不覚にも丸々1日寝込んでしまった。その夜は寝袋にアタマまでずっぽり入り込み、その上に毛布と掛け布団をかぶり、積極的且つ根性で寝汗をかいた。その効果があったのかどうかは別として、翌朝は熱も下がり復調しつつあったので十時半の飛行機で八丈島へ飛んだ。

 気流の具合によっては、場合によっては羽田に引き返すといった条件付きの飛行だったのだが、180人乗りの我らが小さな飛行機は、ぶるんぶるんとおもちゃのように機体を振動させながらも無事島の空港に着陸してくれたのだった。エラい!

 島の天気は晴れだったが、風がものスゴく強くて荒れている。ぐおんぐおんと風が吹く。風だらけである。これでは羽田からのフライトはデフォルトが条件付きなのではないかなどと勝手に思って納得した。この島の魅力の一つは間違いなくこの風軍団だろうなあと思う。

 そんなわけで、病み上がりにいきなり島へ飛んできて、今年のはじまりを島で迎えているというわけなんですが、今年もどうぞよろしくお願いします。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »