« January 2008 | Main | March 2008 »

February 24, 2008

はだか線

 iPodに付属していたイヤホンが、お約束のようにはだか線が見えてきて危ない状態になっています。まだ音は聴けるのですが、ジョギングをしているときなんかビビビっと電気的な危険を感じます。ビビビっと。Apple Storeで同じイヤホンが売っているのですが、値段が3,400円もします。

 話し変わって、あのiPod Shuffleが最近なんと5,800円に値下げを決行。これに同じイヤホンが付いています。・・・・。算数が得意な小学生ならもう判っていると思いますが、引き算をするとiPod Shuffleのイヤホン以外の値が2,400円ということになります。イヤホンを買うつもりで2,400円を出してShuffleを買った方が得なんじゃないでしょうか。なんかオシャレだし、超軽いし。

 iPod Shuffleの使い方は、気分に合った音楽をお手軽に外にも持ち出すこと。iPodそのものに音楽をストックするという発想ではなく、パソコンにストックされたコレクションの中から1週間ぐらいの周期で、その時々の自分の気分にマッチングした音楽の選りすぐりを、都度ダビングして聴く装置だと思います。一時的に音楽を保存する装置。Shuffleの中身は常に上書きされるというワーク領域、USBのメモリキーと同じ感覚ですね。

 だからぼくの場合、容量は1G(240曲)で十分。なぜか? 我が人生振り返れば、その時々の気分で聴きたい曲というのは240曲もありません。せいぜいアルバム2〜3枚、数十曲を繰り返し聴く程度。もうじきiPod Shuffleの2Gで500曲ってのが出るそうですが、あれはワシ的には、上記したような理由で、ちょっと大きすぎますね。(K)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 18, 2008

春です。

Patagonia 最近のマイブームはグレゴリーとパタゴニア。高性能化したアウトドア系グッズに目がありません。ガツンと寒い朝でも頼りになりますし、薄いのに保温性に優れ、すこぶる丈夫で軽いです。この二つのメーカーの商品は実際使ってみないと、その実力は判らないかも知れません。実に癒されます。

 写真はふにゃふにゃ帽ことバケツハットのタグ。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 16, 2008

途中経過

 昨年の8月頃から有酸素運動と筋トレを習慣づけ、摂取エネルギーと排出エネルギーのバランスを意識して約半年、体重は約7キロ減、体脂肪率は平均すると10%以下で、かなりフットワークも軽く快調になりました。毎日ご飯とお酒が美味いです。以下がそのメニューの概要です。個人的なことなので参考にはなりませんが。(K)

◆有酸素運動
・通勤ウォーキング 朝45分、夜30分、合計1時間15分/日
・ジョギング(土日祝日のみ) 約1時間/日

◆筋トレ(毎晩)
・ダンベルカール(4キロ)、片腕20回ずつ
・腕立て伏せ 20回
・サイドベンド 左右脇腹20回ずつ
・ワンレッグカーフレイズ(ふくらはぎ)片足20回ずつ
・クランチ 20回×2回
・スクワット 20回×2回
・その他

◆食事
・朝食 コーヒーとヨーグルト
・昼食 適宜(社食のヘルシーメニュー、平均550Kカロリー)
・夕食 適宜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2008

メモリ増設

 MacBook Proのメモリを最大の4GBにした。これでInDesignとかPhotoshopとかアドビ系のヘビー級ソフトを複数立ち上げてもがサクサク動くようになるだろう。

 MacBook ProのメモリはApple StoreでApple純正の同容量のメモリが12万円強もするのだが、AmazonでBUFFALOのニアイコールのものが1万6千円だということを発見。なぜこうも値段が違うのか?

 このバッファローのメモリ、カスタマーレビューでも五つ星だらけ。コストパフォーマンス優良のオススメ商品であります。(K)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 02, 2008

めがね

 萩上直子監督の映画「めがね」のDVDを予約した。3/19発売だから到着まで少し待機になる。前作の「かもめ食堂」がナイスだったので期待大だ。癒されたい病かも知れないが、なんとなく「かもめ」のような日常的ユルい空気を期待したい。

 話変わって映画「ブレードランナー」を観たことがあるだろうか。原作は巨匠フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」だ。ハリソン・フォード主演のSF映画だがちょっとシュールなところがあるので好き嫌いが分かれるはずだ。ワシは好き。DVDもちゃんと持っている。

 この映画の冒頭でケバケバしい電飾や広告塔がギランギランする、エネルギーに満ちあふれた街並みが出てくるのだが、これがどこかアジア的な街並みで、この映画を初めて見たときはアメリカ人がイメージするニッポンってこんな感じなんだろうなあ、などと思っていたのだが、先日上海にいってその雑多な喧噪(私見です!)に触れ、この映画を思い出してしまったのだった。

 ブレードランナーに出てくる街並みは現在の上海だったのだ。これは必見だ。少なくとも上海に行く前には観ておきたい。

 上海の街並みはリバーサルフィルムで撮りました。持っていったカメラはどんな気象条件にもめげずにその実力を発揮する実用的なライカ、乞うご期待。リバーサルだから少し現像に時間がかかります。そういえばシアトルの写真もリバーサルで現像もまだできていないような・・・。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »