January 03, 2010

ロング・スロー・ディスタンス

Kasai  荒川をずんずん下って行って、河口のあたりまでヒョイといけるようになった。この行動範囲が広がった感じは単純にうれしい。

 逆光だったが、水面のキラキラがとてもキレイだったので、自転車を止めてケータイで激写。ケータイのカメラではあるが、臨場感あふれる一枚だと思う、たぶん。

 ロング・スロー・ディスタンス。今年は、生活の柄的には、富士山の裾野一周とか、スポーツバイクで健康とエコにこだわった一年にしたい。最近、動力を持たない移動手段がとてもおもしろい。

 そんなこんなで2010年も幕が開けた。もう少し暖かくなるのが待ち遠しいです。今年もよろしくお願いします。(K)

| | Comments (19) | TrackBack (0)

October 25, 2009

アマトリチャーナ

 この夏アマトリチャーナの作り方をマスターした。

<材料(一人前)>
ニンニク…1片(みじん切り)
タマネギ…1/3個(みじん切り)
鷹の爪…1本(小さく小口切る)
ベーコン…100gぐらい(小さく短冊状に切る)
トマトピューレー…1袋(150g)*Delmonte有機をよく使う
オリーブ油…大さじ3
塩コショウ…適宜
ワイン…大さじ2

(1)鍋かフライパンにオリーブ油を熱しニンニクを炒め、いい感じに炒まってきたら、タマネギ、鷹の爪、ベーコンを投入し、炒めて炒めて炒めて、適宜塩コショウをする。(ここで味がほぼ決まる!)
(2)トマトピューレー投入。ドロリとしているので、間髪いれずワイン投入。ワインでトマトピューレーを溶かす。
(3)味を見て、塩コショウで整える。
(4)トマトソースが汁汁な感じからネットリしてきたら完成
(5)並行でパスタ茹でる(1.7mm、9分、茹で加減はアルデンテが好み)
(6)茹で上がったパスタをトマトソースにぶち込みグルグル絡めて完成
(7)粉チーズとタバスコをかけて食べるだけ、なんとも美味い!

 きっかけはアースマラソンだった。土曜日のお昼にひとり、この動画のテンポで作ってみたら美味かった。作り方をおおいに参考にしたのは、我が「男のなんちゃって料理」を何かとサポートしてもらっているCOOKPAD。このサイト活用しています。

 パスタに目覚め、この味にはまってしまい、毎日でも飽きない感じ。

 アマトリチャーナの本場ローマではベーコンじゃなくてパンチェッタを使うとか。パンチェッタは値段が高いけどベーコンより美味いです。イタリア人になりきって作ってみてください。美味いッスよ。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2009

成果物1号

Kanpa  先ほどめでたく第一号が焼き上がりました。お味やいかに?(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2009

パタゴニアに投資するの巻

Patagonia  神田のパタゴニア、たまに行きます。振り返ると、知らず知らずのうちに、そうだなあストレス解消にとパタゴニアの服を衝動買いするような気がする。(多分)

 パタゴニアの服はアメリカサイズでデカい。なんだこれは、というぐらいデカい。それと、その年その年のデザインでMサイズだのSサイズだのの大きさが違う。だから都度店できっちり試着して買わないと失敗する確立が高い。いや必ず失敗する。

 ブランドに幅をきかせたような高額商品だらけなので失敗は痛い。ふんふん、この辺りの行間にただよう消費行動こそが人気ブランドの魔力である。気をつけた方がいい。「まあ、これも勉強代っすよ」などと余裕をカマせたりするが、基本的には心境トホホである。

 だから、これまで購入した歴代のパタゴニアの服で「これはいいぞ」というのが意外と少ない。目下のところ「フーディニ・フフルジップジャケット」がいちばん当たりだっただす。軽いし、春先とか初秋とか、かなり重宝しています。ふわふわのウィンドブレーカーです。興味ある人は、必ず試着してから検討を。(K)

| | Comments (82) | TrackBack (0)

September 24, 2009

経過報告

Koubo  酵母づくり、4日目を迎えています。パソコン横の2リットル瓶の中身が酵母です。容量半分強。瓶の下にある赤いマジックの線は、本日の昼間リフレッシュしたときの位置だす。その後どーんと発酵し、ご覧の通り。週末にはいよいよカンパーニュが焼けるんではないか、、、。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2009

アスリートmini

アスリートmini  低周波治療器を使用開始。伊藤超短波のアスリートminiというヤツ。この装置、銭湯やなんかにある電気風呂の1/10000ぐらいの(恐らく)微弱な電気を流し、血行を補助するもの。なかなか効きます。

 電気が微弱なので夜つけっぱなしで眠てもOK。ウォーキングとかランニングとかで、運動をしはじめたら劇的に肩こりが解消したが、この装置で更に解消するだろう。凝りよさらば、いらないものはいらない。

 このアスリートmini、Googleで検索するとよくわかるが、利用者の評判はよさげなのだが、どこそこで売っているといった情報が少ない。どう調べても購入ルートが不明だった。ええいと、ダメもとで伊藤超短波株式会社に電話したら、あっさり購入できてしまった。欲しい 方は直電がいいと思います。ちなみにワシが買ったのは挿絵のとおりピンク。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2009

発酵仮面

Aveyron  6月に準公務で宮崎県の都城市へいった。20年ぶりである。まあ当然といえば当然なのだが、繁華街はそっくり変貌していた。あの丸新ラーメンが、あのファンタとコーラとラーメンの大と小の4つしかメニューがなかった丸新ラーメンが、でっかくなってファミレスみたいな店構えになっていた。なんてことだ。

 その折り、25年ぶりに知人に会いにいくことにした。市内中央通りから少しはずれた都城市広原町で「アヴェロン」というパン屋をやっている。南フランスの天然酵母の田舎パン。なかなかガツンとしたハード系のパンで美味い。大人のパンだぜ、ワインともよくあう。

 そんなこともあり、ほとんど衝動的にフランスのお百姓さんが作るパンことカンパーニュを自作したくなってしまって、なんと酵母エキスから作っている。イースト菌は使いません。無事、白ブドウのレーズンからブクブクした酵母エキスの抽出に成功。現在はお次、酵母おこしのフェーズに突入である。しかし季節は秋、なかなか発酵に時間がかかるのが難点だす。まあしかし、天然酵母だからな、といいきかせつつじっと待つ。自作カンパーニュやいかに、乞うご期待!

 ここまでやってみて思ったこと。「パン作りってさぁ、理系の仕事だろ、文系じゃ無理だもんなんとなくさぁ」、、、どうでしょう。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2008

やっと気づいて

 吉越 浩一郎著「残業ゼロ」の仕事力(日本能率協会マネジメントセンター)という本を読んだ。この本は我がワークライフバランスを考えるきっかけになった。現状の自分は、このバランスがかなり悪いのだな、ということに気づいてしまった。「遅いわよ」などと言われそうであるが、まあしかし、過ぎた時間は取り戻せないので、これからを変えるしかない。

 早速だが、一日24時間のうち、仕事に当てる時間を1/3にしたい。

 つまり、残業をしないということである。仕事量を変えず(むしろ増やし)、残業をゼロにするにはどうしたらよいか。答えは一つ、時間当たりの作業効率を上げるしかないのである。いままで1時間に平均3つの仕事をこなしていたら、それを6つ7つこなせるようになればよいのだ。

 作業が終わったときが仕事が終わった時間(退社時間)と、終了時間を意識しない進め方ではダメ、ちゃんと一日の作業を明確にして、各々デッドラインを設定してやりなさい。集中力も大事。などとこの本に判りやすく書いてあるのだった。

 そうはいっても、いままでがいいかげんだったので大いにギャップがあり時間はかかりそうだが、まあ見ておれである。こうして、我がワークライフバランス適正化へのタタカイが始まったのであります。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2008

温泉卵の作り方

 東海林さだお著「どぜうの丸かじり」(文春文庫)の86ページに温泉卵の作り方が載っているので読んでほしい。

 この作り方は実は簡単で天丼やカツ丼用の丼で作る。丼に沸騰したお湯(必ず沸騰)をたっぷり入れ、そこに室温の卵(必ず室温)を一個入れ(必ず一個)、フタをしてそのまま五十分おく。そうすると温泉卵かけゴハンにどんぴしゃの温泉卵ができる。

 作ってみました。

 出来ます。ちょっと時間がかかるのが難点だけど、白身の出具合がドロリツルリとした、私好みのナイスな温泉卵が出来ます。なにしろ作り方が判りやすくて簡単なのがいい。少量の麺つゆをかけて喰います。美味い! 美味すぎてごめんなさい。しばらく温泉卵にはまりそうです。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2008

ネットショッピングの裏表

 このごろ買い物をすることでストレスを解消していたのだな、ということに気づいてしまった。それもネットショッピングである。

 ネットショッピングは便利である。インターネットの特長である検索機能を駆使し、全国・世界各地津々浦々のものが、あっという間に注文できて、決済はカード。新刊本、絶版の古書、新島のくさや、衣類、ギターアンプ、バッグなどなど、最近ではヒコーキや新幹線、映画のチケットなんかもネットで買ってしまう。買うものが決まっているものを、ひとつひとつを自分で買い歩いていくことを考えてみるとすぐわかるが、あきらかにネットショッピングが楽ちんなのである。

 しかし、便利である分リスクも高い。自分の性格もあるのだろうが、消費行動がやや麻痺し、がま口の閉め具合というか、消費行動における際の力が弱くなってしまうことだ。

 先日、暑い夏の夜更けだった。あのライカM8(レンジファインダー、ライカM型のデジタルカメラ、定価65万円ぐらい)の申し込みフォームにバチバチ入力している自分がいた。危ない危ない、間一髪自己制御がはたらいて申し込みボタンだけは押さずに済んだのだが、一事が万事こんな調子である。

 今年の春から急激にグレゴリーのバッグが増えているのもこのせいだろう。反省である。パタゴニアとかエディバウァーなんかもたまに届く。反省である。これらは一品一品が結構高いのだ。ストレスを溜めるのはよくないが、こんな解消法は財政圧迫と裏表となり、家族からも「まったくもう」的な視線をもらうので、出来れば止めましょう。

 先日届いたのはエチオピアのチキンカレー。これもネットで注文。作り置きなので鶏肉がいまひとつだったが、カレーは駿河台下にある本店の味に近く、なかなかよかった。最近はストレス解消の鉾先が、食い物系が多い。いま狙っているのが福井の「唐辛子入りの鯖缶」と長崎は五島列島の「椿うどん」である。そのうち代引きで我が家に届くかもしれない。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧