July 05, 2008

バス時刻までの海

バス時刻までの海 神保町界隈でずっと探していた数冊の本を、amazonであっさりみつけて購入した。古本街を時間をかけて巡るというのは、見渡す限りの本に囲まれ、かび臭い気が遠くなるような本の匂いに包囲され、それはそれで魅力的な時間ではあるが、あれだけ探しても見つからなかった本があっさり見つかるのはなんなのか、本来の目的だけに集中してショートカットを試みるなら、インターネットはすばらしい。つくづく合理的だな、と思ってしまう。

 この本「バス時刻までの海」日本海漁村紀行・秋田 文/砂室圭、写真/小阪満夫(無明舎)は、ずっと探しもとめていた中の一冊。だいぶまえに椎名誠の本で紹介され、そこで知ってから読みたかった写文本だ。場所は昭和の終わり頃の秋田の漁村である。

 この本を読んでいる間ずっと秋田の漁村をうろうろしている気分になっていた。

 なんとも磯臭い、魚くさい本。海の匂いがプンプンする。文章の小気味よいリズムといい、情景表現のリアルさといい、文章だけでこんなに海の匂いをプンプンさせるなんて、砂室圭さんて何者かと思って奥付を見たら、詩人であった。なるほどと納得したのだった。

 それから写真もいい。どれもこれも、その場所に確かに存在したエネルギーである。こういった一瞬を、人間の生きる瞬間瞬間を捉えたいものだと、常々思っている。いいなぁ、やはりモノクロは魂を写すんだと思う。

 というわけで、この本は秋田の漁村に暮らす人々のエネルギーをリアルに伝える体験本である。なかなか書店でお目にかかれないけど、インターネットで探してでも買って正解だったな、と思えるアタリ本でした。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2007

清水義範

 先日,あの名著「蕎麦ときしめん」を書いた清水義範の本を読んでいた。講談社現代新書の「大人のための文章教室」だ。

 この本は文字通り文章の書き方について云々と書いてある本であるが,著者の人間性,或いは,名古屋風味を活かした人間身溢れるユーモアエッセンスが滲み出て実に判りやすい。テンマルの打ち方や助動詞なんかも解説してあっていいぞい。

 今はこの本を読了し,同じ清水義範の同じ講談社現代新書の「わが子に教える作文教室」というのを読み出して途中だが,これもいいなあと思っている。

 やっぱりあれだ,日本人は年齢とか関係なく,ちゃんと日本語の文章をきっちり書けて何ぼ,などと思うし,そんな側面をもっとどんどん評価されるべきだよな,などとと改めて思った次第。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2007

オイアウエ漂流記

 すこし前,巣鴨のとんかつ屋「とん平」で昼飯を喰っていたとき,そのとんかつ屋でなんとなく手にした「週刊新潮」におもしろい連載小説があったので紹介します。

 荻原浩の「オイアウエ漂流記」!

 とん平で読んだその号には,無人島に不時着したばかりの飛行機のメンバーが,極限状態になる少し前ぐらいのシチュエーションで,喉の渇きを潤すために椰子の実を喰う場面が書いてあり,実におもしろく引き込まれてしまいました。残念ながら,まだ単行本になっていないので,目下「早く単行本になれよ」と心待ちしているところです。

 荻原浩という人は,ミステリ,漂流記,サラリーマンもの,ヤクザもの等,いろんなジャンルの小説を書いているようで,ユーモア溢れる文章のセンスといい,にわか興味が湧いてきたので,本日その「オイアウエ漂流記」の単行本発刊までのつなぎとして,『オロロ畑でつかまえて』『母恋旅烏』という文庫を購入。さあ,読むぞ。(K)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2007

オリュンポス

Olympos_1  最近,読了前から本を紹介するようなクセがついてしまいました。4月に恵比寿駅ビルの書店で発見しておきながら,上下巻2冊の分厚さに,持ち帰るにはやや重いな,と思いつつ買いそびれていた『オリュンポス(上・下)』ダン・シモンズ著(早川書房)であります。先日ようやく買いました。

 前作の『イリアム』につづく完結篇であります。おもしろくないわけがない。前作で神々に反旗をひるがえした英雄とモラヴェックの冒険が始まります。当面このオリュンポスの世界に集中したいと思います。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2007

ほのぼのと暮らしたい。

Seattle 今度シアトルに行くことになったので,シアトルの基礎知識をつけようと,メガ書店へシアトルの関連本を買いにいったのだが,なかなかその手の本が無く,唯一あったのがこの『ほのぼのと暮らしたい。- シアトルから想いをこめて -』西部方照著(イデア出版局)だった。

 岐阜県の坊さんがシアトルでお寺を開き,仏教活動をしていて,その方の書いたエッセイである。内容はこれから読むので置いておくが,その前に一口言っておきたい。「紙面が読みづらいのです。」

 紙面の組版設計の問題だな。ページの中の1行の文字数と行数のバランスが悪い。それから字間と行間が・・・ 極端に言うと同じだぜこりゃ。(横組みなんだか縦組みなんだかわからない。視線があっちに行ったりこっちに行ったり,内容に集中できません。) あと,天地の空き(ページの上と下の白いところ)が少なく,精神的にイライラします。 やや鼻の穴を膨らませ憤慨気味であります。

 どういうプロセスを経るとこういう紙面が出来るのか,みんなで手にとって検討してみましょう。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2007

水の惑星

Mizunowakusei 『水の惑星―地球と水の精霊たちへの讃歌』ライアル・ワトソン著(河出書房新社)には,水と大地,水と生命,水と科学,水と歴史といったふうに,ミクロな視点から地球規模まで,綺麗な写真と一緒に水に関する話しがわんさか出てきます。
 読むと水が生命を宿した生き物のように思えてくるから真か不思議。まさにワンダーランドです。行きつけの図書館なんかで見かけたら,借りてきて読んでみてください。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2007

イレギュラー

 『イレギュラー』(三羽省吾著/角川書店)は,被災地をバックボーンに敷いた純情野球物語(大人のツボをくすぐる巧妙な笑いあり)です。こ,これは「バッテリー」を超えるのか,単行本のコシマキで,あさのあつこ氏もコメントをしておりましたので,ミズテンで購入。

 ぼくは硬式野球までやっていたので,イレギュラーバウンドはよく知っています。怖いです。気を抜いていると顔面めがけてボールが飛んできたりします。人生もしかり,イレギュラーバウンドなんだよな,おい! などとこの本はアピールしています。どう捌くかはその人の技量次第。みんないい方向へ飛んでいってくれぃ! などと読了後思いました。

 ミズテンのわりには,かなりおもしろかったので,「オイ! バッテリーよりおもしれーぞコレ,読みな」などと,息子に回し読みしたのでありました。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2007

ビジネス書

 たまにはビジネス書も読みます。現在ハマっているのがMOT(Management of Technology)。読んでいるのは『MOT[技術経営]入門』延岡健太郎 著。いやあ,この本読み応えがあります。オススメの五つ★!(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2006

ブレイブストーリー

 この冬,アニメ映画「ブレイブストーリー」のDVDが発売される前に原作を読もうと,宮部みゆきさんの文庫本,上・中・下を一気に読んだ。なかなか映画を観ているような楽しい本でした。しかも,上・中・下でドカンと約1,200ページある,というのが好感が持てるというか,読み応えがあるというか,良かったです。

 ブレイブストーリーって直訳すると「勇気物語」? 11歳(小5)の男の子が不思議な旅を通じて色んなことを理解して成長していきます。物語に登場するキャラがどれも個性があります。物語のプロットに日本の社会問題とか,日米・日中とか,拉致問題とかがチラチラでてきてリアル感があります。

 それで,DVDを本日観たんですが,やはり約1,200ページの物語を1時間30分前後のアニメにするのは無理があるんでしょうか,原作をベースにしたというだけあって,肝心な場面が抜けているし,二つ三つのエピソードが一つに合体していたり,なんだかアニメのほうは,第一印象はがっかりしましたね。明日もう一回観て見ますけど。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2006

児童書のハシゴ読み

 以前のように,仕事から帰ってきて深夜遅くまでウェヴに繋がらない。帰ってきて焼酎を飲んでさっさと寝る,というふうに切り替えたら,体調がすこぶる良くなりました。皆さんもお試しあれ。
 このところ児童書を続け読みしています。『川の名前』(川端裕人),『永遠の出口』(森絵都)・・・。どの本も賢い小学生が登場し,小学生の頃ってあんなに賢くは無かったよな,ということを除けば,どれもおもしろ本でありました。そして今日からは,あの不滅の名作と評判が高い『バッテリー』(あさのあつこ)にいよいよ突入です。机の上に文庫が5冊。あさのあつこさんが,ぼくより10歳年上だということが判り,少し気合が入っています。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)