September 22, 2009

こちら文京区春日駅前

Dome  地元の人にあまり人気がない建物こと文京区役所のある交差点、春日駅のところから撮ってみましたの図。遠近法を無視したような東京ドームが見えます。今年のジャイアンツはもうM1だとか。大昔はあそこに、あのスティービーワンダーも熱唱した後楽園球場があったんだがな。

 一頃の「ほんとマジぶっ倒れるかと思ったぜ」的な暑さは和らぎ、歩道を渡る人々のあいだをぬって秋の風がピューと吹いていたぞ。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2007

12月

Xmas  今年のジョンレノンの日(12/8)はあっさりしたものだった。20代のころ一生懸命聴いたジョンレノンも最近はあまり聴かなくなった。一方のボブディランやニールヤングはまだまだ生活の中でがんがん流れているんだが・・・。

 2003年に撮った気に入った写真で、いまでも多くの場面で使い回ししている写真を、季節だからまたしても流用してしまいます。ロックフェラーのツリー。

 2003年、この年のニューヨークはすこぶる寒波が押し寄せていてカチンコチンだったけれども、生きた植物の周りは暖かい感じがありましたね。

 もう少しすると雪が降って、いまにも自宅に一人で留守番をする羽目になった小さな男の子が泥棒とタタカイをはじめてしまいそうな雰囲気です。さあ、映画ホームアローンでも観て、笑いながら12月を過ごしましょう。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2007

桂浜

Katurahama 高知県の桂浜です。にわか龍馬の気分になって太平洋を眺めてみましたが,出るのは欠伸ばかり。昼下がりのビール頭と化した身には,穏やかにのんびりした浜でした。きっちり明治維新のノンフィクションでも読んで,後日再チャレンジしたいと思います。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2007

白い道

Shiroimichi 先日行った南の島の一コマです。すかぁーんと晴れた空に,ソテツのような木と,センターラインも何んにもなく,映画『ストレンジャー・ザン・パラダイス』を彷彿させるような白い道。タンクローリーのおじさんは売店でコーラとタバコを買って,木陰で一服。

 いやしかし,それにしても道が白いですなあ。というか逆に,何で日本の道はあんなに黒いのか,と思ってしまいます。アスファルトの混ぜ物が違う? 毎度毎度,年度末にすぐ掘り返せるようにしてあるせいであんなに黒い? とまあ,両方の道を見たおじさんは,いろんなことを考えるのでした。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2006

潮の匂いがする

Hima1_2 今年も潮の匂いがする場所に行って,自然を満喫? 満喫という言葉はちょっと的確でないので,自然を目の当たりに感じて涙が溢れる,そんな体験がしたいですな。自然の中でこそ生きることに触れるのであります。夏の夜空に架かる蠍座を眺めながらビールを飲み,波の音を枕に眠り,鶏の声で目を覚ます。写真は昨年のトカラ列島です。まあ,こんな感じですかね。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2006

大寒

yuki2006  1月21日、大寒の東京は雪になりました。寒いです。こんな東京でも雪になると、「シャンシャンシャンシャン…」とどこからか鈴の音が聞こえてくるような気がします。

 子どもたちは、昨日から風邪をひいて寝ている子、近所の駐車場で雪だるまの創作にいそがしい子、パソコン教室に来てインターネットで大寒節分の意味を調べる子、「今日遊べる?」と友だちの家へ電話をかけてくる子、いろいろです。みなさん、風邪なんかひかないように、暖かくして過ごしてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2006

犬のまなざし

dog  戌年。今日の新聞のコラムに「日本で飼われている犬の数は1,250万匹。現在、80年代からほぼ倍増し、小学生以下の子どもの数と肩を並べた。」と書いてありました。

 「すごいことだ。」とは思いますが、今回それはさておき、この写真の犬は友人の家の犬で、有名犬です。勝手に掲載してしまいます。

 先日、突然訪問したときに家の人は誰もおらず、この犬だけがいて「わんわんわんわんわんわんわん!」と吠えて向かって来ていたのですが、こうやってカメラを構えると、「これでいいかしらん?」などと、吠えるのを一旦止めてしっかりカメラ目線になってポーズをとってくれた、ような気がしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大島の燈台

sima-01 2006年のはじまりは火山と椿の島「大島」でした。ちょうど20年前の1986年11月に大噴火をした島です。写真は大島の南側にある波浮港(はぶみなと)の白い燈台であります。夕刻になりますとアタマの緑色の光をくるくるさせながら太平洋を燈しておりました。そんなわけで、本年もどうぞよろしくお願いを申し上げます。 草々

| | Comments (0) | TrackBack (0)