August 19, 2007

モダン・タイムズ

 どうもメガネの度があわなくなっているなという感じがあり,2年ぶりに視力検査をしたら視力が二段階悪くなっていた。しかも,いままで無かったのに左目に乱視が少し。それで新しいメガネを新調することにした。新しいメガネもマルコポーロだから全体的にはなんだか少し嬉しい気分だ。

 肉体ばかりでなく我が精神面の変化も体内のバイオリズムによって日々少しずつループを繰り返していく。音楽でいえば今はディランの『Modern Times』がマッチングしているようでよく聴いている。

 モダン・タイムズは粒揃いの名曲ばかりだ。このアルバムを聴くと,私はうらぶれた小さなキャバレーで,バンドで淡々と歌っているディランを聴いている。そんな気分になってしまう。やっぱり人間還暦を過ぎるとどっしりとこんな歌ができるようになるのだな。

 中でも「Workingman's Blues #2」がいちばん好きだ。カポ2でG,D,Em,Bm,C,G,Am,D,単純なコード進行の曲なんだけれども6分もあり長い。晴れた一日の夕刻に川の堤防を走りながら風を受けてこの歌を聴いていると…… 泣けるなあ。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2007

指弾きギター

 およそ30年近く独学でギターを弾いてきたので,芸大の先生に言わせると「基礎がなっちょらん!」ということになっていて,気になっていた。それで,アメリカ人が得意な生ギターでベースランニング(伴奏)とメロディを一緒に弾く,という技をマスターしようと思いたった。とっさに奏ると格好いいもんね。

 何かいい教本はないものかとインターネットを探したところ,そんなものよりいいサイトがあった。ここ! 解説とお手本の音も出る。インターネットってスゴイなあ,と思う。

 早速,我が愛用の「マホちゃん」を引っ張り出して練習開始。……。んーなかなか先は長そうだが,ゼロベースではないのでなんとかなるだろう。あと半年ぐらいしたら我が家にも「スローハンド」の誕生だ。(K)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 04, 2006

アルトベンリー

 ギターの糸巻き(ペグといいます)をグルグルまわすグッズが登場したのは何時ごろか不明なんですが,このグッズのことを俗に「アルトベンリー」といいます。ぼくが中学生のころには無かったので,その後開発されたのだろうと思います。以前,使ったことがありますが,確かに,あると便利なのでした。

 それで,最近おもしろいウェブサイトを発見したのでご紹介します。無料歌詞検索(コード譜とダイヤグラムを表示!)というサイトです。こんなサイトがあると便利です。たまにある「発作的弾き語り余興大会」などで使えます。ギターが弾けること,それから,それなりに歌を知っていること,というのが前提条件になりますが,いやしかし一度ご覧いただきたい。

 「発作的弾き語り余興大会」前に,もう事前にCDを借りてきてコードを拾う! という作業をしなくてもいいのでした。JASRACの権利処理もクリアしている模様です。

 20数年ぶりに甲斐バンドの「氷のくちびる」を弾いてチョッと感動しました。マチャアキの「さらば恋人」を弾いては筒美京平氏のあのメロディに涙! 残念だったのは前川清の「雪列車」が無かったことでした。これは残念。

 ♪匂うように 笑うように 雪が降る~
  白い景色 逃げるように 汽車は走る

  サヨナラが夢ならば引き返すけど~
  あの頃が夢ならばこのまま行く

  あたたかいものを何かください
  こころもからだも寒すぎるので・・・どうぞ

 全国津々浦々ギター弾きのみなさん,便利でっせ! ご活用ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2006

ディランのマーチン

 わしからiPod miniを強奪した息子が「最近、よしだたくろうにチョッとハマっている。」などと言っています。先日は「ペニーレインでバーボン」という30年ぐらい前の歌を聴いておりました。なんか不思議な気分です。

 それで、話しは少し変わるんですが、最近古い音楽CDをひっくり返して聴いています。

 そんなわけで、今宵のオススメ、ご紹介するのはボブディランの『時代は変わる The Times They Are A-Changin'』であります。なんと約40年前のアルバムです。若かりしころのディランが弾いているギターは、この音は恐らくマーチンです。この前後のアルバムで弾いているギブソンとはあきらかに違う音であります。違いのわかる方、興味のある方、ぜひ聴いてみてください。

 目下、このアルバムの中の8曲目の「船が入ってくるとき」という歌に、おじさんはチョッとハマっているのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)